シニア福祉アドバイザーとは

お客様の豊かなセカンドライフをサポートする資格です。

家庭と地域の高齢者を見守り、見送るライフパートナーとして、
高齢者の社会的・経済的・心理的問題を理解し、的確にサポートする専門家を養成する為に
創設された新資格です。(※ 厚生労働省認可 財団法人 職業技能振興会認定資格)

シニア福祉アドバイザーとは

お一人一人の生活環境を把握し、適切な助言を行うプロフェッショナル。

日本の高齢化問題は非常に深刻で、市区町村や国の制度も多様化し、何も知らない高齢者にとっては制度の申請や手続きもとても複雑かつ不透明です。 シニア福祉相談士は高齢者に関わる年金、介護、保険など必要な制度を理解し、助言と専門家を繋げるとともに、生活のトラブル問題、見送り、その後の手続き方法などをしっかりと理解し、助言を行い高齢者が安心して暮らせる環境のサポートします。

シニア福祉アドバイザーとは

生活支援や高齢者との対人スキル、見送りの方法など高齢者とより親密な関係のスキルを習得します。介護力、福祉力の強化を計ることも可能になり、お客様に総合的なサービスを行うことができます。


シニア福祉アドバイザーとは

高齢な方との接し方、対応の仕方を学ぶことでお一人お一人に柔軟に対応出来るようになり信頼関係の構築に繋がります。シニア福祉アドバイザーを学ぶことで「安心して相談、買い物ができる人」として高齢化社会を支える人材になることを目指します。


シニア福祉アドバイザーとは

シニア福祉アドバイザーは高齢化問題から接し方、その後の対応まで高齢化に関わる総合的な知識を学びます。ケアマネージャ、福祉相談士などの資格と組み合わせて業務に行かすことが可能になります。また、社会にです前に高齢化の総合的な知識を持ち、就職先での即戦力となることを目指します。ボランティア活動実績とともに企業へのアピールにも繋がります、


シニア福祉アドバイザーとは

家族に高齢な方がいるけど、申請方法や制度内容などどうすればいいのか?と悩む方も多いようです。 国の制度はもちろんのことや市区町村で様々な制度があり、複雑でわかりづらいことが多い高齢者の対応。 シニア福祉アドバイザーについて学ぶことで高齢化社会の基礎知識を学び、ご自身の家族の対応に活かすことができます。