もしあなたの両親が倒れ、介護状態になったら

あなたは
仕事と介護を両立する自信ありますか?

40代・50代で急増する「介護離職」。
今から準備できることがあります。

増加する「介護離職」 その理由

厚生労働省が2013年に行なった雇用動向調査によると、ここ5年間の介護離職者は、30~40代の男女と50代の男性が急増しています。

現在、介護離職者は年間約10万人ともいわれており、親の介護を理由に仕事を辞める人は年々増え続けています。

「介護離職」は、今や切実な社会問題となっています。

男女別介護離職者数と女性の介護離職の割合

総務省「就業構造基本調査(平成24年)」より

15歳以上で介護をしている男女の人数と割合

総務省「就業構造基本調査(平成24年)」より

上記表の内訳は、女性の方が圧倒的に多く、2011年10月から2012年9月では全体の約8割が女性です。夫婦間で収入の低いことが多い女性が男性の代わりに親の介護を担うことが多くなることから、男女間での差が出ていると予想されます。

また、働きながら介護をしている人は、2013年時点で290万人といわれています(2013/7 総務省 就業構造基本調査より)。さらに今後、団塊世代が高齢化していくと要介護者の数は急増すると容易に想像でき、介護離職者はさらに増加します。

これは他人事ではありません。

介護は突然生じることが多く、様々な支援制度やサービスがあっても、その時になっての対応は大変で難しいものです。私たちはこの現状を間近で見てきました。あなたの「介護離職」を防ぐため、仕事と介護の両立の備えを準備しておくことは重要ではないでしょうか?

では、どうすれば良いのでしょう?

突然やってくる介護。その時のために準備できるもの、まずはお金かもしれませんが、しかしお金で解決できない問題も多くあります。それは介護する側の気力や体力、そして高齢者支援のため知識など…。

あなたは本当に介護に必要な知識をもっていると
自信を持って言えるでしょうか?

当協会では、いざという時の準備の一つとして、高齢者の社会的・経済的・心理的問題を的確にサポートできる知識を養える『シニア福祉アドバイザー〈初級〉検定』を行っています。

高齢者に必要な生活支援や各種制度利用、高齢者を取り巻くトラブルの防止、見守り・見送りなど、いざという時に必ず必要になる知識や対処法などを網羅して学習できます。

でも、いきなり検定を受けるのはちょっと気が引ける方がほとんどだと思います。

そこで

情報ブックレット(小冊子PDF)『絶対に知っておいて欲しい介護のこと』を無料でプレゼントいたします。
さらに日々刻々と変わる情報をメールマガジンでお伝えできればと思います。

今すぐ申し込んで小冊子(無料)を入手

購読者・受講者の声

大阪府在住 M.Mさん
女性(40代)

信頼関係が築けました!!

シニア福祉アドバイザー検定を受講し、認知症になった親の介護がし易くなりました。
親の介護だからといって、相手の尊厳を無視していた自分が居た事に気付き、信頼関係が崩れかけていたなと痛感しました。
やはり親といっても命ある一人の人間であり、認知症であってもコミュニケーションが円滑に取れる事が非常に重要だと気付かせてくれました。
現在は、親も素直になんでも相談してくれる様になり、シニア福祉アドバイザー検定を受講した事で、安心感のある関係が続いています。

東京都在住 T.Uさん
男性(50代)

社会保障制度が活用できた!!

シニア福祉アドバイザー検定を受講する前は、親の介護をすべて自分でしていました。
親の介護により自分自身の時間もなく心労が重なり、辛くなってきた時に“誰か助けて!”と色々考えていました。
受講する前の期間は、社会保障制度の事やどんな所が相談に乗ってくれるかもわからない状態でしたが、シニア福祉アドバイザー検定を受講し、様々な社会保障制度や介護・福祉業界の事を知る事で、親の介護に対しての視野が広がり相談する事もでき、心が軽くなりました。
現在は、介護保険制度を活用し介護の手伝いをして頂ける介護事業所を見つける事が出来た事により親も自分自身も、いきいきとした生活が送れています。

推薦者の声

司法書士 梅田 裕介

親御さんの見送り準備のために!!

今は元気な親御さんでも、いつかは終末を迎える事となります。
シニア福祉アドバイザー検定を受講する事で、相続や遺言書の基礎知識・死亡後の主な手続きなどを学ぶことができると伴に、法律の基礎的な部分から実際に申請するには、どのような事が必要になるか等の実用的な部分まで学ぶことが出来ます。
他人事だと思っていてもいずれ直面する事態に備えて準備しておく事が、親御さんにとっても自分にとっても大切な事となります。
今現在、困られている人だけではなく、今後に備えて準備をしようとお考えの方にも、受講されることをお勧めします。

こんな方には
オススメしません。

  1. 全て他人任せにする方
  2. 学ぶ意欲が無い方
  3. 介護になった両親を責める方

こんな方に
オススメです。

  1. 両親がそろそろ高齢者と言われる年頃になってきたが、必要な情報が周りになくて不安!
  2. 介護をしている部下がいるが、どう対処していいかわからない!
  3. 現在、仕事をしながら親の面倒を見ているが、必要な知識がなくて不安だ!
  4. 福祉系の仕事をしていますが、高齢者支援をもっと広範囲に学びたい!
  5. 最近、高齢のお客様が増えてきているのですが、より良い対応や接し方を知りたい!

会社概要

団体名一般社団法人 シニア福祉相談士検定協会
所在地〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-23-13 肥後橋ビル3号館4階
TEL:06-6444-6620
代表者代表理事 石川 知巳
事業内容財団法人 職業技能振興会との連携で「シニア福祉アドバイザー検定〈初級〉」「地域リーダー・インストラクター検定〈初級〉」など各種認定資格の創設に関わり、公式テキスト策定・著作への参加、認定資格試験の実施にともなう作業スタッフ・講師の手配など、その普及・発展に努めております。
関連事業
・共著図書出版 :
シニア福祉アドバイザー検定〈初級〉公式テキスト
地域リーダー・インストラクター検定〈初級〉公式テキスト
・総合みまもり支援サービス提供事業:
NPO法人 いきいきつながる会
・医療サービス提供事業:
いきいきクリニック

当会の取り組みが評価されています。

2014年11月3日、『東久邇宮文化褒賞』が当会の理事長 石川に授与されました。

新宿の京王プラザホテルでの東久邇宮記念会の東久邇宮文化褒賞授与式にて『東久邇宮文化褒賞』を当会の理事長、石川に授与されました。

前年の『文化褒賞』に続き、2015年4月18日『東久邇宮記念賞』が 理事長 石川に授与されました。

新宿の京王プラザホテルでの東久邇宮記念会の東久邇宮文化褒賞授与式にて『東久邇宮文化褒賞』を当会の理事長、石川に授与されました。

ぜひ、あなたに将来の安心を贈りたい。

代表理事

日本は世界で最も早く超高齢社会に突入し、多くの問題に直面しています。
しかし高齢者の急増とは相反して、対応する人材の不足が顕著となっており、さらに複雑化する高齢者をめぐる様々なトラブルに対応できる人材の質が極めて重要となってきています。

当協会では、日々深刻化する超高齢社会の問題への対応として、現代を支える新たなパートナー「シニア福祉アドバイザー」有資格者の育成・輩出を推進しています。

また、元気なシニア世代の地域デビューのための「地域リーダー・インストラクター」養成講座も行い、自らの手で「安全で住みやすい地域創り」「子供たちが誇りに思える郷土創り」を実践できる地域リーダーの育成を目指しています。

当協会は、これからの時代の重要な担い手となり活躍できる人財の輩出と共に、 誰もが安心して暮らせる社会作りのために尽力していきたいと思っております。

まずはあなたに、この小冊子を手に入れていただき、
あなたが介護離職する必要がない状態を作って頂ければと思います。

いきいきつながる会の著書 プレゼント

情報ブックレット『絶対に知っておいて欲しい介護のこと』(小冊子PDF)を無料でプレゼントいたします。
さらに日々刻々と変わる情報をメールマガジンでお伝えできればと思います。

メールマガジン購読のお申し込みと、無料小冊子の入手は、下のボタンをクリックして、お申し込みフォームへお進みください。

メールアドレス 【半角英数字】(例)example@example.com
お名前

姓: 名: