よくあるご質問

シニア福祉アドバイザーに関するよくあるご質問内容をまとめました。
ここにない質問は、お気軽にお問い合わせください。

シニア福祉アドバイザーに関するよくあるご質問内容をまとめました。ここにない質問は、お気軽にお問い合わせください。

検定資格の概要

シニア福祉アドバイザー検定は、高齢者を取り巻く様々な問題を理解し、その知識と対応を学び、高齢者とその家族への的確なサポート・助言などを行なえるプロフェッショナル養成の講座です。高齢者に関する知識や対応は、これからの時代に大きな社会的意義をもっています。

福祉系のお仕事をしている方は、知識や対応力の強化に繋がることはもちろん高齢者対応の基礎を学ぶので、接客、販売業、従業員の福利厚生などにも活かすことができます。また、高齢家族がおられる家庭でも、日々の生活の中で必ずお役に立つ検定講座です。

特にありません。高齢社会の諸問題や、高齢者の抱える問題に関心がある全ての方が対象です。

公式テキストと学習について

全国有名書店、インターネットの場合はアマゾンで購入いただけます。
インターネットの場合は、こちらからご購入ください。

公式テキストのご購入と、eラーニング(受講料無料)の受講申込みを行ってください。、eラーニングは問題集形式となっていますので、公式テキストとの併用で学習の進み具合や理解度が確認できます。
eラーニングについての詳細は、こちらのページでご確認ください。

学習者により異なりますが、公式テキストとeラーニングの併用で約8時から12時間を目安としています。学習計画を立てて取り組まれることをおすすめします。
eラーニングについての詳細は、こちらのページでご確認ください。

シニア福祉アドバイザー検定のeラーニングは、豊富な例題を解きながら学習できる学習方法です。自身の学習の進み具合が分かり、受験のためのシミュレーション(模擬試験)もあります。資格取得のために、より深い学習に、ぜひお役立てください。
eラーニングについての詳細は、こちらのページでご確認ください。

シニア福祉アドバイザー検定eラーニングの受講には、お申込み時に受講料4,980円(税込)が必要です。受講期間は、開講日より180日間となっています。
eラーニングについての詳細は、こちらのページでご確認ください。

シニア福祉アドバイザー検定eラーニングの受講には、お申込み時に受講料10,450円(税込)が必要です。受講期間は、開講日より120日間となっています。
eラーニングについての詳細は、こちらのページでご確認ください。

受験申込みについて

「新型コロナウイルス」が世界的に猛威を奮っており、感染拡大の防止措置の「緊急事態宣言」が発令されています。当協会でも、感染拡大の防止への対応として各試験会場における検定試験の実施予定を延期しています。
早期に検定試験の受験を希望される方は、当協会が運営する「E検定・eラーニングシステム」での『E検定』のご利用をお勧めします。
なお、新型コロナウイルス感染の危険性が下がり安全が確保された時点で、再度、検定試験実施の予定を当ホームページにて発表いたします。

試験当日の午前中に、直前対策講習(任意受講)を実施しています。公式テキストに沿って試験によく出る箇所を重点においた学習内容となっており、ご不安な場合は受講することをおすすめします。
受験申込みの際に、直前対策講習の申込みができます。なお、直前対策講習の受講には別途費用が必要です。
会場での検定試験予定は、当ホームページ、メールマガジンなどで告知します。

受験料金:9,000円/直前対策講習:12.000円(任意受講)
上記料金は、お振込みでのお支払いとなります。必ず受験者本人のお名前でお振込みください。
会場での検定試験予定は、当ホームページ、メールマガジンなどで告知します。

可能です。お支払いが完了しましたら、サービスページの「お問い合せ」より、領収書発行希望の旨を記載いただき、【ご送付先住所】と【宛名(お名前)】をご連絡ください。

受験票の発送は、検定試験1か月前より順次発送いたします。

受験料の振込と出願書類一式が当会へ到着した時点で申込み完了となり、その後から受験票の発送となりますので時間がかかる場合があります。ご確認が必要な場合は、お問い合わせフォームでその旨をお問い合わせいただくか、お電話 06-6444-6620 までお問い合わせください。

お手数ですが、すぐにお問い合わせフォーム、またはお電話 06-6444-6620 で確認・訂正依頼をお願いします。
お問い合わせフォームへ

受験者の都合によるキャンセルや病気や怪我による欠席など、受験料は返金できません。また、次回以降への振替や受験権利委譲・他試験への振替もできません。あらかじめご了承ください。

検定試験について

試験会場での筆記試験は所要時間70分、35問・マークシート方式です。
E検定の場合は、50問で所要時間50分。1問1分となっています。

問題の総得点の7割を合格基準としていますが、問題の難易度により補正があります。

受験される方の知識や経験により様々ですので、一概に断定はできません。
シニア福祉アドバイザー検定では、eラーニング(受講料無料)の問題集の学習もご利用いただけます。テキスト学習と並行して、問題集を解いていただくことで、より深く学習いただけます。
また、直前対策講習(任意受講)を試験当日の午前中に実施しています。公式テキストに沿って試験によく出る箇所を重点においた学習内容となっており、不安がある場合は受講をおすすめします。
eラーニングについての詳細は、こちらのページでご確認ください。

次の5つを準備してください。
 1. 写真を貼付した受験票
 2. HB又はBの黒鉛筆又はシャープペンシル
 3. 消しゴム
 4. 顔写真つきの身分証明書
 5. 時計(携帯電話不可)

合格発表、認定証交付について

検定試験実施後、約1か月ほどで合否の通知を当会より送付いたします。

認定試験合格後、認定証を交付します。なお、認定証交付には認定登録料2,000円が必要となります。

認定試験合格者には、認定証(認定カード)の交付を行っていますが、本資格は2年毎の更新手続きが必要です。更新には更新料5,000円が必要となり、更新手続きの詳細は「更新案内」送付時にご案内します。